2011/08«│ 2011/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2011/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2011/09/09
15:47:28


そういえば今日は重陽だった。




昔は邪気を祓い長寿を願い、菊を観賞したり酒に菊の花びらを浮かべ飲み交わしたという。




「重陽の節句」は別名「菊花の節句」とも言い、友人が上田秋成の『雨月物語』に収められている『菊花の契り』を裏読みして印象強く教えてくれ興味を持った。



物語のラスト、囚われていた主人公(どっちを主人公にするんだろう)は自決をして、友人との約束の日時、友人の元に還るんだ。



自決をして友との約束を護る…。





いまの僕には「自由」というものを考えさせられる。





自由は不自由であり…。




己の誇りと尊厳のために、何を守り何を貫き通すのか。




それを決める意志もまた自由。




今宵、望月になる前の月と菊花の酒を酌み交わし一人耽る。













スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。