2015/10«│ 2015/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2015/12
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
12:51:20
他ブログサイトに「厄年は気にするか」というブログネタがあったので転記。



厄年は気にしない。

厄年とは、その時期になったから何かが起きるわけではない。

寧ろ厄年というのは人類皆同じ年齢の時になってくるモノであって、そもそもは「その年になると体の変調が起きやすい時期(女性で言うところの出産であったり更年期であったり)なので気をつけましょう」というモノであるから、何かしら災いが起こるというモノではない。

厄年を気にするんだったら天中殺を気にした方が良いだろうな。

それは12年にのうち連続2年で巡ってくるモノであり、個人の生年月日によってどの時期に天中殺が回ってくるのかが違ってくる。

かつ、どういう天中殺になるかどうかは大きく分けると10通りあるので(まだ細かく分けられる)それによって出てくる事象が違ってくる。

此方の方がより個人に即しているから注意しやすい。

それに天中殺もいきなり悪い事象が出て、不幸な期間になるわけではない。

天中殺の期間というのは自分が自分でない状態と言われ、通常の自分とは違っている状態である。

だからこの期間に何か新しく始める、大きなモノゴトを判断する、というのは見誤るコトがあるのでそういう大きなモノゴトはこの期間中に判断するのは辞めましょうという。

そしてこの天中殺期間中に発現する事象は、今まで自分が犯して隠していた事象(意図せず行ったモノでも)が表面に出てくる時期である。

結局良くない事象というのは沸いて出てきたモノではなく、過去の自分が行った結果のモノでしかない。

だから生きていく上で気にするのであれば厄年ではなく天中殺期間を気にする。



というのが自分の判断基準であるので、厄年が云々というコトではないコトを了承願いたい。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。