2017/06«│ 2017/07| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/08
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2015/08/21
14:47:02
命は自分でコントロール出来ないモノだと言われる。

誰だって自分がいつ病気になるとか、事故に遭うとか、果ては死んでしまうとか、そんなコトは分からない。

けれども算命学の中では宿命から外れた生き方をすれば自然から淘汰される、という。

この淘汰というのが死に値する。

言い方を変えれば、未だ生かされているのならば宿命から大きく外れて生きてはいないというコト。

ならば、宿命から外れないように生きていけばおおよその平均寿命まで生きるコトが出来るのか、という話になる。

そうならば自分の宿命を知り、それに近い形で生きていくという選択肢を取れば、自分の命を長くすることが可能だと思える。

果たしてそうなのか…。

夭折は親の影響もあると聞く。

大運が何歳運なのかというところで、自分の人生スタートの年齢が決まってくるのだが、自分の人生のスタート前は親の気に影響される。

それと消化されない先祖の宿命。

命というのは平等なモノではないのか。













スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://kuyatakano.blog.fc2.com/tb.php/48-fe9de1cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。