2017/04«│ 2017/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
16:24:18
「中殺」というと、裏の意味を考えてしまいがちだけれども、裏の意味というのは表の意味と同義である。

表と裏というのは一つのモノを多面的に見る一極二元であって、「そのもの」だというところは変わらない。

例えば禄存星。

禄存星とは「愛情」「財」という意味がメジャーだけれども、この意味と並列に「薄情」という意味も含んでいる。

愛情と薄情とは反対のようであるけれども実は同じモノ。

愛情が豊かだから、「人に愛されたい」「人を愛したい」という感情を持ち、相手にその感情を注ぐ。

注がれた相手がそれを受け入れるのであれば、また禄存星所有者は愛情を注ぐ。

この図式は微笑ましいモノだけれども、愛情を注いだ相手がその愛情を受け取らなければ…。

その人に注がれていた愛情は別のヒトに注がれる。

その感情移行はとてもさっぱりしたモノ。

だから今まで愛情を注がれていた相手は、禄存星所有者の手のひらを返したような態度に薄情さを覚える。

そこから禄存星の意味に「薄情」というモノが含まれる。

そこが一極二元となる。

しかし中殺というのは「意図しない方向に現象が顕れる」ので、「思いもよらない」形でその性質が表れる。

そこの区別がちゃんと出来ていれば、現象を覚えずとも思考で導き出されてくる言葉になる。
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://kuyatakano.blog.fc2.com/tb.php/61-361bfa5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。