2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
17:26:04
世の中、社会通念として当たり前だと思うコトがあるけれども、それは本当に当たり前なのか。

その当たり前というのは、自分の所属している小さなコミュニティの中でしか通じないモノなのかも知れない。

隣の町、隣の市、隣の県、隣の国…少し考えて見れば共通認識を持つ事柄もあるけれども、そうでない事柄もあることが容易に想像がつく。

自分は「算命学を勉強している者」という少し変わったコミュニティにも所属している。

このコミュニティの中で使う言葉はこのコミュニティのなかで共通認識されているモノであるが、それが一般社会に出たときその言葉が自分が持っている意味と同等の意味で認識されるのか。

それは「否」。

下手をしたら拒否反応を呼び起こすような言葉も出てくる。

そしてそのような言葉を此方があたかも「当たり前」として使っても、それが受け入れられる訳ではない。

そこを理解しなければ「会話」は成り立たない。

相手の目線、相手の立場になって言葉を選ぶ。

読み書きを始めたような言葉に、大人が演説をするような時に使う言葉を使っても理解は出来ない。

難しい言葉を難しいまま使うのではなく、難しい言葉にも同じ意味を持つ易しい言葉がある。

それをどれだけ相手に合わせて使いこなすか。

必要以上にそのレベルを低くする必要はなく、その人の適正に合わせた言葉を使用すればよい。

また以前にも書いたと思うが、言葉には裏表がある。

その表裏を上手く使いこなすコトも同様である。

一つの状態を伝えるのにどの言葉を選択するのか、それは伝授者のセンス、経験に因る。




自分には伝達の星である鳳閣星/調舒星がない。

けれども人間は生まれ持って五本能を持っている。

伝達の星を持っていなければ、伝達の場所にある星を駆使して活用すること。

自分は此処の玉堂星があるので、伝達をするにも勉強。

そうすることで伝達をするコトが出来るようになる。

というコトらしい。
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://kuyatakano.blog.fc2.com/tb.php/97-38ca3a35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。